奈良市内のんびりウォーキング

 超久しぶりに奈良市内を一人でのんびりと歩いてきました。

新幹線・近鉄特急ではなくて、高速バスで近鉄奈良駅まで直接行きました。

高速バスは料金がとても安くて時間的にもさほど変わらずに、便利ですね。

今回は丸一日かけて奈良市内をウォーキングしました。

約10kmの徒歩距離になりましたが、終わったあとは奈良県に姉が住んでいますので、久しぶりに姉の家に泊りました。

今回の歩いた所は正倉院、東大寺大仏殿、東大寺、奈良公園、春日大社、浮身堂になります。

天気も良かったので気持ち良く歩けました。

相変わらず奈良公園の鹿は人なつっこくて、さわっても嫌がらず、餌をよくねだられました。

TVでは見て頭ではわかっていましたが、ほんとに外国人の観光客が多いですね。

それもアジア系の人が多くなっていて、ここは日本なのに周りに日本語が聞こえない状況には驚きました。

観光客の比率としては、外国人が60%(そのうちアジア系50%)、日本人修学旅行生が30%、日本人一般観光客が10%みたいな感じです。

今までも奈良にきて観光したことはありましたが、団体行動の場合が多かったので、今回みたいにのんびりと自分のペースで見られたことに満足しています。

奈良市内のんびりウォーキング はコメントを受け付けていません。

Filed under 未分類

これからの日韓関係

いま韓国との関係が悪化しています。最近も韓国とのバスケットボールの試合で揉み合いになったりしています。ここまで関係が悪化してしまったのは、韓国の大統領が竹島に上陸したのがきっかけです。竹島は日本の領土ですが、韓国が実効支配しています。この問題が解決しないかぎり関係が良くならないと思います。しかしこの問題の解決はなかなか難しいです。私は国連の裁判所に訴えて解決するべきだと考えています。しかし訴えるには韓国も了承しなければいけないことになっています。これを韓国は拒否しています。どうにか韓国を納得させこの問題に蹴りをつけないといけないと思います。このほかにも政治的な問題はありますが、民間の交流は活発でした。ただ民間の交流さえ、少なくなっています。例えば日本から韓国にいく人ほ最近減ってきています。このような交流さえなくなってしまうとこの先元に戻せなくなります。韓国の方が悪いこともありますが少しでも関係が良くなるように努力するべきです。
賃貸管理 横浜

これからの日韓関係 はコメントを受け付けていません。

Filed under 未分類

「安全保障関連法案」と「戦争放棄・平和主義」が両立する根拠は何か?

「安全保障関連法案」が、自民党、公明党、次世代の党の賛成多数をもって
衆議院本会議で可決(強行採決)された。

この後、参議院に送られることになるが、参議院での審議が長引いたとしても、
「60日ルール」から衆議院における3分の2以上の賛成で
最終的には強行再可決されることとなる。

この「60日ルール」こそが、衆議院を重視する日本の議会制民主主義なのである。
「安全保障関連法案」については、衆議院憲法審査会が、
5月下旬に与野党が推薦した憲法学者3人を参考人として招致て意見を聞き、
召致された憲法学者の3人全員が「違憲」との見解を述べたものである。

「これまでの政府の憲法解釈から逸脱しつつあり、法的安定性が保たれない。
かつ、武力行使の拡大が懸念され、戦争放棄を明記した憲法を勘案すると、
違憲であると言わざるを得ない。」との見解は、
国民には十分に納得できるものである。

 「集団的自衛権行使」は「自発的な武力行使」に至る可能性が極めて高く、
各マスコミの世論調査からも、国民の大多数が疑問視しているのは明白である。
この法案成立によって、自衛隊志願者が急減するのは当然であろう。
そして、徴兵制の復活となることも十分考えられる。
何よりも、「安全保障関連法案」の立法根拠が明確になっていないこが、
国民の大疑心を招いているものと思料する。
高級キッチン

「安全保障関連法案」と「戦争放棄・平和主義」が両立する根拠は何か? はコメントを受け付けていません。

Filed under 未分類

物流の貢献者!あの中には一体何が?

さまざまなモノがあふれている時代、その物資を運ぶ物流の貢献はかなりのものがあると思っています。筆者の日課であるランニングで走っているときに、踏切を通るのですが、そこでよくコンテナ列車を見かけます。コンテナ列車は、人員を乗せる通常の電車よりはるかに長いのです。四角形のコンテナが何十個も列車に乗せられて運ばれている様子は、いつも壮観だなと思い見ていましたが、あの中には何が入っているのだろうと考えます。化学系の丸いコンテナであれば液体窒素などと書いてあるからわかるのですが、四角形のコンテナは中身が想像できません。調べてみると、コンテナには、素材でアルミコンテナとスチールコンテナの2種類があるようです。そして、用途によって形状が異なり、ドライコンテナ、冷凍コンテナ、オープン・トップ・コンテナなど種類が分かれるようです。ドライコンテナが一番普及している形状のコンテナで、一般輸送用に多く用いられるようなので、筆者がランニング時に見かけるコンテナはおそらく、ドライコンテナかなと思っています。このドライコンテナが列車に乗せられて運ばれて、次に船に乗せられて海上コンテナになり、物資を国内外へ輸送しているのかなと想像すると、私たちの生活は、そうした物資を運ぶ力に支えられているのだなとつくづく思います。
コンテナ 販売

物流の貢献者!あの中には一体何が? はコメントを受け付けていません。

Filed under 未分類